FC2ブログ

なにはともあれ

へそまがり日本美術 禅画からヘタウマまで

19-04-14-03.jpg
"ヘタ"なのか"ウマ"なのか…絶妙なラインを攻めてきます笑。

🔗へそまがり日本美術 禅画からヘタウマまで

【会期】 前期:2019年3月16日(土)~ 4月14日(日)
     後期:2019年4月16日(火)~ 5月12日(日)
【公式twitter】 https://twitter.com/hesoten2019

東京府中にある『府中市美術館』で開催された、一風変わった展示会です。
名前もそうですが、展示される作品も、なかなかクセモノ揃い…
『好きな徳川15代将軍は家光です!!よろしくお願いします!!』
…と自己紹介するような私としては(したことない)見逃せない!絶対見たい!と。

今回は姉と、前期・最終日に向かいました。
府中は…埼玉からだとアクセスがどうにも難しい立地で、国分寺か武蔵小金井から
バスで向かうのが一番早いかなぁ…という感じで向かいました。
新宿からなら、まだ一本?で行けたかな…丁度どの駅からも真ん中なんですよな。

19-04-14-02.jpg
美術館と繋がってる『府中の森公園』を少し散歩してから向かいました。
4月も半ばを過ぎ、桜吹雪がチラチラと降り注ぐような日で雅やかでした🌸
清々しくて、いいですね、府中。住みやすそうです。
庭園なんかもあって、鴨がたくさんいました、野良鴨がそこらで歩いてて和む😊

毎週日曜日14時、15時の2回、『20分スライドレクチャー』を開催してます。
自分らが行った日は、金子信久学芸員さんでした、分かりやすく面白かったです♪
毎回違うのか、金子さんなのかは分かりませんが…
終了後は、入場制限かかってたので、ゆっくり見るなら始まる前が狙い目ですかね。

キャプションも、皮肉ってたり、真面目にツッコんでたりと、
楽しんで作った様子が伺えて、好きなの集めたんだろうな~というのがグッドです。

『ヘタな人がヘタであることを「良し」とした作品』

…??…??…??

いや…一つも「良し」なところなくない??笑。

以下、軽めの感想。※前期展示の話になります。

トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプカプの美

19-04-06-07.jpg
念願成就&オスマン充(銃)な一日でした♪

🔗トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプカプの美

【会期】 2019年3月20日(水)~ 5月20日(月)
【巡回情報】 京都国立近代美術館 (2019年6月14日(金) ~ 7月28日(日))
【公式twitter】 https://twitter.com/NACT_PR

東京六本木の『国立新美術館』で開催された展示会です。
今回は、オスマンクラスタであり、マフムト推しの友人と一緒に向かいました。
まぁ、千銃士熱も高い頃ですし、発表された記事読んだ瞬間『行こう…!!』と笑。

ゲーム以前に、歴史や美術史趣味関連で、9年前にトルコ旅行した仲でして。
千銃士がなくとも、向かった展示会ですが、ゲームのお陰でより楽しめました😁
9年後に再度、友人と行けたことが何より嬉しく、幸いなことだと思います。

その当時の旅行写真、思い出振り返りがてら見返してみました。

19-04-06-01.jpg
『挨拶の門』
…写真ヘタか。
観光客がっつり写ってますね…;写真ヘタか。
この人たちに送ってあげたいわ。誰や君たち。
トプカプ、結局宝物館は行列で時間が足りず、ハレム中心に回ってました。

19-04-06-04.jpg
奥にたぶんハレム…?どこやここ…写真ヘタか。
4月の旅行だったので、チューリップは時期的に綺麗に咲いてたようですねという一枚。

19-04-06-02.jpg
『アヤソフィア』
写真が!!とにかく!!!ヘタ!!!! 
当時の自分何考えて撮ってんだ…
こちらは内装が素晴らしくて、でも宗教らしい近づきがたさもあり、独特です。
厳粛な祈りの場で、無宗教者は…ただ装飾などを見るだけでしたが;それで良き。

19-04-06-03.jpg
『カッパドキアの気球』
これはもう、景色のお陰でウデマエ関係なく最高だった✨
二人の思い出話でも『トルコは気球が一番よかった!』と意見が一致しました。

いやホント気球、オプションだったんですが、最高でした…夢のような時間。
ちょっと高かった気がしたけど、今ならたぶん、課金額と比べるだけですな笑。

契約書に『事故って死んでも自己責任ですよ☆』という旨の書類にサイン書いたりと…

今思えば結構スリリングでしたな、その後、別件で事故ありましたし…
乗って後悔はないですが、そんなこともあるので、強くは勧められないですな…

このままではトルコ旅行記になってしまうので、本題に戻ります。

該当の記事は見つかりませんでした。