なにはともあれ

Xenogears 20th Anniversary Concert 感想

180408-02.jpg
まさに、”夢のような”一日でした!参加出来て本当に幸せでした(◍´ᗨ`◍)

🔗Xenogears 20th Anniversary Concert 公式サイト
4月30日まで、日曜千秋楽のニコ生ライブ映像が購入できます。
(※一回の購入で期限付きの視聴になるので、ご注意ください)

🔗光田康典さんのブログ記事・part1part2part3番外編
コンサート製作総指揮をとられた、光田さんのブログ記事。
このボリューム…!!もはやファン以上のファンという情熱です。
裏話や苦労話、色んなお話がギッシリ詰まってますので、是非ご一読ください♪
相当な気苦労を経て、開催に漕ぎついたんだなぁというのが伝わります。
本当に、参加者誰一人かけても成功しないコンサートだったのだなぁと…

🔗田中久仁彦さんのブログ記事
当日寄稿されたマリアのイラスト作成現場の写真や、至るまでのお話など、
興味深いお話ばかりですので、是非…!!
にしても、意外なのですが田中先生って、個展開いたことない…のかな…?
本当に、ゼノギアス展開催して欲しいです…( ;∀;)

◎4/27、リンク追加させて頂きました。
書き終わってから読まないと、そちらに引っ張られてしまって
自分の文章で書けなくなると思ったので…すみません…


4月7日(土)・8日(日)、舞浜アンフィシアターで開催されました。
ゼノギアス、発売から20周年目の記念公式コンサート…!!!!
ということで、『もう二度とないかもしれない』と光田さんも公言してる通り、
人生で一度切りになるかもしれないコンサートです…心して臨みました。
(パンフには、25周年になにかあれば…という話も書かれてましたが…期待!!)

二日間4公演ありましたが、チケットも秒殺で売り切れるという激戦!!
自分は幸運なことに、日曜日の千秋楽の席が取れてたので、滑り込みでした。
当日まで復習しておこうと、昔のMDを引っ張り出したり、設定資料集を眺めたり、
十数年来の思い出を漁って、懐かしい想いに浸り、楽しい時間でした。

特に、ゼノギアスの楽曲は郷愁を誘うというか、どこか"懐かしい"という
想いにさせる曲調で、余計に20年という月日を感じ、切なくもなり笑。

舞浜駅に、某ネズミの王国に行く以外の用事で行くとは思いませんでした。
駅からイクスピアリを通り抜けて、アンバサダーホテルの先にあるのが、こちら。

180408-03.jpg
『舞浜アンフィシアター』です。
物販開始の30分前には着いたのですが、既に長蛇の列が…!!

人気ぶりは承知してましたが、本当に根強いファンが大勢いる作品だなと。
そういう風景にも一々感動してしまう年寄りにもなりましたが笑。
20年も経てばな…そうなるさ。


180408-01.jpg
暑い日差しの中、配られたエントリーシート。日よけにも使えました笑。
欲しいグッズの個数を書く形で、販売開始から流れはスムーズでした。
30分ほどで無事にお買い物終了♪

180408-31.jpg
パンフレットと、リバイバルディスク、ANÚNAのCDを購入。
グッズ欲は、あまりなかったので…

しかし、トートバッグやキーホルダーは完売してましたね。
後日の販売は、どうなんでしょうか。(パンフは販売ありますが)

こちらのパンフレット、ボリュームがすごいです!!
光田さんのインタビューは勿論、関係者様のインタビューも盛りだくさん、
田中先生のらくがきまで載ってて、本当に設定資料集に匹敵します!!

ビリーくんの話も、そうだったのかぁと20年目にして知る事実など笑。
スクエニ社内コンペデザイン採用だったのですね。
(…秋水さんといい、メインデザイナーさん以外のキャラにハマるな、自分…笑)

180408-04.jpg
会場内のお花スタンド。逆光だったので、明度あげてます。

180408-05.jpg
表からは見えない、ポスターの裏側にも細工が。

180408-06.jpg
田中先生の、仕事中のやりとりのメモがてらならくがきですかね。

180408-07.jpg
こちらは、チビエメラダ&マルー♪

180408-08.jpg
そんな裏側も、ファンの皆さんがこぞって写真に収めてました。

180408-09.jpg
物販側、会場側、どちらからでも見れるようにしてくれる心遣い(*´ω`)

180408-10.jpg
そしてそして!!お楽しみな展示ブースもありました!!
ここが、まぁ~~~…長蛇の列…開演前は元より、閉演後も無理でしょって
人数が並ばれてて…一体解散したの何時だったんだろうと…

自分は、開演前は無理だー!!と思ったので、休憩後の一瞬に賭けよう!と。
これが、大正解でした♪
幕間の15分休憩が始まったら急いで向かいまして、無事に全部見れました…
…が!! …鑑賞ってレベルじゃねぇぞなタイトすぎる時間制限で;;

『立ち止まらないでくださ~い!』と立ち止まらんと見れないでしょ>//<
仕方がないとはいえ、始終急かされてロクに見れませんでしたね…
一枚撮って終わりってな感じで…うーん…もうゼノギアス展やりましょ!!

180408-11.jpg
発売予定の、フェイ、エリー、ヴェルトールのフィギュア。
エリーは未着色でした。フェイの足元には…缶詰が…そこ突き詰めるんか笑。
ビリー出たら欲しいけど、すべてはこの二人にかかってるんですよなぁ…

180408-12.jpg
アニメのセル原画ですね、裸ED…笑。ギアがカッコよかった!!

180408-13.jpg
ラフ画です。付箋に書いてあるメモも読みたかったのですが…ムーリー;;

動画もちょこっと残したけど、残したのは雰囲気だけです!!

180408-15.jpg
こんな感じで、もはや写真撮るだけの流れ作業と…笑。
鑑賞というよりは、見ることに意義があるアトラクションという感じでした。

180408-19.jpg
我が最愛キャラ、ビリーくんの原画が拝めたので、オッケーです👍✨
横顔、本当に美しいです…惚れに惚れた一枚絵…
ご対面時間、数秒…という悲しい結末でしたが;もっと見たかったー;

一番ホワイト部分多かったですね、マントキャラの宿命か…
それもまた、愛しい部分でした(◍´ᗨ`◍)♡

180408-24.jpg
人が詰まりすぎてもうこんな写真ばっかでしたよ…無念じゃ~~~マリアー;;

180408-27.jpg
ソフィア様。窓が反射して映り込んでて、これはこれでいいなぁと思った一枚。

180408-30.jpg
閉演後は、この賑わいで…皆さん無事に見れたのでしょうか…

…とまぁ、大変な展示スペースでした;
それだけのファンがいたというのは、素晴らしいことなのですがね。

ではでは、曲順事に感想を…
とはいえ、本当に、圧倒されすぎて言葉にするのは難しいので…
曲の感想というより、当時の思い出の吐き出しになりますので、ご了承ください。

 ***

会場のアンフィシアター自体を、疑似エルドリッジにした…という話です。
(会場にいる我々は…最先で最後の一柱…部品の一つ…なんですかね…w)
光田さん監修のコンサート、さながら艦長…と言うのは不吉ですが…;
搭乗…いや登場で、割れんばかりの拍手でのお出迎え!!

コンサートとはいえ、『指揮者がいない』のが、また斬新でした。
途中でカチカチ聞こえた、メトロノームでテンポを取ったのだと。
そんなことが出来るのですね、タイミングとか、すごいなぁ…

冥き黎明
シナリオに沿って…ということで、オープニング曲から。
初見では、まだ子供だったし、何が起こってるんだ…とよく分からない状況でした。
宇宙船ということ、慌て出すオペレーション、"何か"に襲撃されている状況…
機関室は既に全滅…懐から、妻と娘の写真を眺め、フッとほほ笑む艦長…
そして…自爆。

…という一連のアニメーションの流れを、音楽で物語れるのはスゴイなぁと…
墜落した先、浜辺で日の出を眺めるミァン…ハープの調べの切なさ…
パーカッションとギターの響き、ANÚNAのコーラスと、後ろのムービー…

本当に、ここまででも映画一本見た感じですよな!!
最初からクライマックス感ハンパなかったですが、これからです!!

♪海と炎の絆
ハープと、ティン・ホイッスルという楽器が奏でる、民族系の楽曲です。
途中から入る、金管やヴァイオリンも美しく、心にすっと入る調子…
どこか懐かしい気持ちになる曲ですね、とにかく、美しい…!

♪おらが村は世界一
ラハン村の曲です。田舎っぽさ、平和な雰囲気、のどかさと楽しさが溢れてます。
軽やかなピアノと、ポップなリズム、可愛らしい曲ですね♪
途中から入るメインテーマも壮大で、草の中を走ってるような感覚になります。

カメラワーク、当時は、今は主流であるオープンワールドの走り…ですかね、
初めてとも言われる3Dマップだったので、画面酔いプレイヤーも続出という笑。
私は幸い、それには該当しなかったのですが…
まぁ、シタン先生の家までで既に迷いましたね…一旦村に戻ってリセットと。

光田さんのトーク・1
『ファンの厚い支援があってからこそのコンサート』だと、本当にそう思います!
『この20年間で、皆さん色々あったかと思いますが、
 20年前にタイムスリップさせようと思います』と、ロマンチック!!
『しきたりはないので、感情のまま楽しんでください』と。
光田さん、ホント歳とらないですよな…20年前とどこが変わったんだと…笑。

♪風のうまれる谷
シタン先生の家で流れるBGMですな。
村から離れた家…って、子供心にも憧れます。
しかも住んでるのが、胡散くさい、”先生”とか呼ばれちゃう眼鏡の男性が主という…
奥さんのユイさんの料理、自分も食べてみたいなぁと思ったり。

ミドリちゃんも、プリムもそうですが、喋らない幼女多いですね…
無口というか…一番喋る女子ってもしかして…チュチュなのでは…と笑。
シタン先生の「うちの娘なんて父親の名前すら呼ばないんですよ」も笑いましたが…
でも先生、28歳なんですか…若いですね…あんな28いるのかと、今は感じます。

♪遠い約束 (Piano)
オルゴール曲のピアノ独奏です。

シタン 音楽というのはふしぎなものですね……
    時に人の思いもよらぬものまでよびさましてしまう。
    忘れかけていた、さまざまな想い、感情、もちえぬ記憶……
    聞く者がそれを望もうと望むまいと、ね……

~中略~

フェイ ねえ、先生……この曲を聞いてると、ふしぎな感じがしてくるよ。
    なんだか、胸の奥の方がほっとあったかくなってくるような……
シタン それはきっとあなたのなかで、この曲が好きだった、
    遠い昔のだれかが生きているからですよ……

この会話が、後半で活きてくるとは、誰も予想できなかったでしょうね…
本当に、歴史の長いドラマだなぁと。

前日のニコ生で、『予兆』が流れた時は笑いましたが…もはやSE…!!笑。

♪鋼の巨人
…からの!!ギア戦曲!!ノリノリなバンドサウンドがカッコよすぎますッ!!
トランペットとドラム~カッコいい!!
会場のスポットライトも、赤色で緊迫感も出ますね。

途中のSFオペレーション風サウンドは、ギターとベースで再現して痺れる演出…!!
アレンジ、ヤバすぎますね…
これも、日によって違ったという話も見かけましたが、豪華ですなー!!

♪夢の卵の孵るところ
またこちらは、しっとりとした流れに。
悲しげな旋律の中に、ヒトとして生きることを選ぶエリィの強さも感じます…
海…の中にいるような…転調…泣きたくなるような、そんな印象です。
大人な話、でしたな~全部は理解できてないまま、大人になってしまった…

♪グラーフ 闇の覇者
『力が欲しいか…』 力の押し売りおじさんこと、グラーフのテーマです。
デ、デター!という感じの重厚なテーマ曲ですね。
セリフや動きが一々厨二っぽくて印象深いです。
途中で音が静かになるのも、グラーフの底知れぬ、得体の知れぬ怖さを感じます。

からの…!!

♪導火線
あーっ!!繋ぎがカッコよすぎます…!!
こんなにカッコいい曲だっけ?!という感じのアレンジ…
ドラムが…ギターが…かっこよすぎてヤバイ…!!
ひたすらカッコいいの一言ですね…ずっと聞いていたいーっ!!

♪つわものどもが夢のあと
ユグドラシルで聞く、いわばホーム曲には納得です!!
ユグドラ艦内をパタパタ往復してたのも、思い出深いですね。
色んな乗組員や民間人がいるのも、リアリティーありましたし。
途中から入るピアノがいいですね、スタッカート部分のアレンジもいいなぁ…

♪死の舞踏
通常戦闘曲ですね、プレイヤーが一番聞いた曲とも言うべき一曲。
エンカウントが『パリーン』で通じるのが面白いです、時代ですね~笑。
テンポも良くていくら聞いても飽きない曲!!
戦闘が格ゲーのような必殺技コマンド制なのも、飽きないシステム!!

慣れてくると、シュバババっと入力するのも気持ちがよく♪
あと、ギアで対人戦用のモンスターと対峙するのも好きでした…
プチって倒すやり方が…笑。ビリーのパァンも、む…無慈悲~~~>//<
フェイは優しく、潰しますよな。それぞれ個性あって楽しいモーション!!

♪SMALL TWO OF PIECES (Piano Version)
二人で一つ…人は一人では飛べない…
フェイとエリィのテーマのような、重要なシーンで流れる曲。
この時代の二人は、わりと素直になれない感じが初々しいというか。
気付いているけど、それが自然意思なのか、決定意思なのか…?
という葛藤や交差する想いも、ドラマの見どころですね。

恋愛恋愛してないのが、逆に好きな描写ですな~。惹かれ合う…
カレルレンじゃないですが、羨ましいよ…という二人ですね。

♪盗めない宝石
一番楽しみにしていた曲でした…もう…浄化されますね…;;
こちらは、歌詞をプラスした新曲としての演奏&ANÚNAによるコーラスでした。

男性パート=フェイ、女性パート=エリィという、デュエットとも言えますかね。
ハープの音と相まって、厳かな雰囲気もバッチリです…言葉は不要と…
ありがとうございました…聞けて本当に…良かった…✨

♪傷もてるわれら 光のなかを進まん
こちらも宗教色の強い、聖歌のような一曲を、ANÚNAのコーラスがまとめ上げます。
浮かび上がるニサン十字のライティング…素晴らしいですね…
美しいハーモニーの後、穴に消えていくのはシュールだなと…すみません笑。

ニサンといえば、ソフィアとラカンの話ですよなー。
聖母ではなく、一人の女性として生きていきたいエリィと、
立場や、性格が仇になって受け入れられないでいるラカン…
エピソード5の悲劇は、この4世界で起こった、最もヒトらしい感情…
『愛』によって狂わされるのもまた、ドラマティックだなぁと。

互いが互いを尊重、大事にするあまりに、自己犠牲に走る…
けれど、結果的には犠牲の上に生き残った人に、悲しみを植え付けてしまう…
その連鎖を断ち切らねば解決しない話、という印象でした。

宗教色が強い世界ですが、信仰とは『神』が何かしてくれるのではなく、
己の内面に強さを求める『自立』がテーマかな…と個人的には解釈してます。
それぞれ、進めた人で感じ方も違うかもですが…とても自然で人間らしい考えだなと。
今でも好きな考え方です。

『神』を自分の中に作っても、勿論いいですしね。
それが原動力になるのならば。
私にとっての『神』も…まぁ、二次元にいますし。笑。

話は逸れましたが、次に参りましょう。

♪やさしい風がうたう
ニサンの曲ですね、タイトル通りの、穏やかで優しい曲…アコーディオンが素敵です!
マルーの、ほんわかあったかい雰囲気が出ますね。
牧歌的なアレンジで、休日に甘い物でも食べながら聞くと幸せになれそうです♪

♪lost きしんだ かけら
短い曲ですが、チェロがばっちりしっとり印象的な一幕でした。
ピアノと相まって、良い雰囲気で幕間休憩に…♪

いやはや、本当にここまでも一瞬!!
あっという間の出来事で、噛みしめる間が本当になかった…
だからというか、自分は泣けなかったんですよね…楽しすぎて…

(余談)泣くほどの感情の高ぶりは、元々感じない性質ではあります。
悲しいなら悲しい理由が、楽しいなら楽しい理由が、物事には本質があるので…
そちらを鑑みると、懐かしくて泣ける…という感情には至らなかったです。
懐かしいのは、その頃楽しい、好き、という感情になるモノに触れていたから…
ゼノギアスは、純粋にゲームや物語を進めるのが”楽しかった”です。
だから、この日も一日楽しい気持ちでした。終わった後は、寂しかったです。

15分休憩の後、鐘の音から後半スタートです。

♪悔恨と安らぎの檻にて
ビリーのテーマ…ですね…アアアアア…
ANÚNAのコーラスと、灯を持つ演出…祈りと浄化…ビリーのテーマそのものと…
歌詞付きで、更にビリーの内面が表現されてて…ありがとうございます…!!!!

『教会』は、名前の通りバリバリに宗教色出してましたが、ビリーの話も衝撃でした…
未だに、なんでプリムはビリーに心閉ざしてるんだろうと…辛いですな笑。
孤児院の子供たち、良い味でしたね。かわいい(*´ω`)

レンマーツォ、スタンバイOK!!
READY?
GO!
しっかりやるんだぞぉ~!!
今日のはまぁまぁだな。

(曲とは全く関係ありませぬw)

♪紅蓮の騎士
ボス戦で流れる曲ですな、オペレータボイスもしっかり入ってるという!
ギターが途中から入ってくるの、いいですね。
悩みながらコマンド入力したりと、ギア戦でも流れる曲なので馴染みがあります。
ロック調なバンドアレンジもカッコいいです!!

♪神無月の人魚
ハープソロから入る、エメラダのテーマ。悠久を思わせる楽曲です。
ゼボイム人の短命が故の葛藤なども、印象的でした。
ヒトの寿命が、もし30代だったら、どう生きるんだろうと。

種を残せない、ただ滅びるだけの存在…
『私も…馬鹿…?』というこの時代のエリィの台詞も刺さります。
短命のゼボイム人とは違い、恐らくは不老不死であるエメラダは対照的ですね。

♪風がよぶ、蒼穹のシェバト
空中都市シェバト、初めて行ったときはこう…ジbリ感といいますか笑。
綺麗な中に、綻びがあったり、不思議な遺跡の雰囲気がある都市ですね。
街の作りも独特で、歩き回って色んな場所を見つけたりしました。
空にいる感じや、浮世離れしてる感じが、シーケンスで出てますな♪

♪飛翔
皆さん、おっ待ちっかね~!!な飛翔です!!
有無を言わさぬ、チュチュのテーマ…でかでか変身できまチュた!!
疾走感、行くぞーっ!という搭乗感、ヒーローのテーマバリバリでカッコイイ✨
ギターさんのリミッター解除するほどのノリノリで、やったぜ!!

♪翼
こちらへの繋ぎもカッコよく、メドレー、サイコー過ぎました…!!!!
こんなん…熱くならないファンはいない…本当に本当に…最高です…;;
演者さんも楽しそうで、胸が一杯でした…✨

空を飛ぶような感覚、まさにまさにと!!!!
楽しかったですねぇ~会場の一体感、本当に気持ちがいいです٩( ´ᆺ`)۶
盛り上がりも最高潮!! 拍手も歓声も今日イチかなというほどの!!

光田さんトーク・2
『セットリスト、どうするかと一か月くらい悩みに悩んだ』という話。
『当時プレイした時の思い出を蘇らせたいので、曲順はゲームに沿って』と。
「デウスと戦う気力はございますか?」と煽っていてからの、最終局面です…!!

♪予感
みんな大好き?!バベルの塔~デウス内部のラストダンジョンで流れる曲です。
バベルの塔はなぁ…やはり…落ちますよね…コナクソー!!となりながら笑。

バンド×ANÚNAのコーラス、という乙すぎるコラボが熱くて…!!
オープニングの曲である『冥き黎明』と同じ音を持ってくるのは、ニクイ演出です。

アイリッシュパイプも加わり、楽団も総力戦に相応しい一曲でした…!!
本当に…ラストにこういうケルティッシュサウンド入れるのは斬新すぎます;
世界観とまたマッチしてて、これしかない形に持っていくエネルギーがスゴイ。

♪覚醒
デウス戦ですね、まさかの、強弱選択制にはビックリでしたが笑。
ちゃんと四柱神は倒さないと…大変なことになってたのかなぁ…
普通に4体倒してから、挑んだので体験してないです、本来の強さ…

ゼノギアス機体も、天使みたいでカッコいいです。
各機体も、ギア・バーラーで進化する過程が楽しかったですね。

コーラスありなラスボス曲、カッコよすぎます…緩急あって聴き入っちゃう。

♪神に牙むくもの
ウロボロス戦…ということで、あんまり覚えてないんですよなぁ…;;
神秘的なイメージは残ってますが…ゼノギアス単体でなんとか倒したような…
コーラスメインのラスボス曲も、かっけー!!と思いつつ戦ったのではと。

♪最先と最後
エンディングの、裸のですね。はい、当時はポカーンでした。笑。
十代には刺激が強すぎるよぉ…何言ってるのか分からないし…と笑。

裸…精神面の話なので、本来”存在”しかない状態なんですよな。
絵にする上では、心=裸なので、一種の宗教画と同じような表現ですかね…
コーラスがまた…昇天待ったなし!!…と…

からの…、ジョアンヌさん降臨!!

♪SMALL TWO OF PIECES ~軋んだ欠片~
エンディングテーマ曲です。流れが…最強すぎませんか…つよすぎる…;;
ジョアンヌ・ホッグさんが来日するかしないかで、コンサート開催の可否があったと…
責任!!重い!!

もうね…この曲も『STARS OF TEARS』も、英語力ゼロの自分も、
必死に英和辞書ひきながら覚えましたよ…!!
今も歌えます…当時は珍しい歌詞ありのエンディング、気持ちが乗りますよね…
ギターパートもしっかりとカッコよくギュインギュインでした;;

終わりの笛の音色も、この物語の終焉を惜しみながら、聴いたかなと。
感無量…といったエンディングです。

♪アンコール:STARS OF TEARS
フィールド曲でもありますが、こちらはジョアンヌさんの歌詞付きの一曲。
気持ちのいい曲ですよね、民族楽器も使って旅をしている雰囲気ばつぐんで。
笛の音もポップで、踊ってるようなリズム、素敵です♪

♪アンコール:BALTO & LAHAN
フルート、アコーディオン、ヴァイオリン…
色んな楽器のアレンジ入れてきては波のように仕掛けてくるのが熱く、楽しく!!
輪になって踊りたくなるテンポですね。

ラハン村のテーマ、手拍子が難しかった笑。
ずらしてくるから~リズム感ないし無理!!
こんなに難易度高い手拍子は、初めてです笑。もう、自由に叩け!!

ジョアンヌさんのコーラスをバックに、メンバー紹介するという豪華さ…;;
もう胸も頭もいっぱいです!!爽やかに終わっていくのが、寂しくて…
なんだろう…本物以上の本物というか…公式の強み…光田さんの尽力…
楽しませたい、という気持ちが伝わってくる、構成や温もりを感じる公演でした。

完成度も密度も熱意もポテンシャルも技量もすべて高く、満ち足りた2時間半。
参加できて本当に良かったなぁ、ゲームプレイして良かったなぁと改めて。

記念撮影、ニコ生組が『波動存在になろう』って写ろうとしてたの笑った(*^。^*)

いやはや…あっという間でした、本当に…
オルゴールを置いて去るとかさぁ…もう最後まで演出凝ってて神だった…

光田さん、本当に本当にお疲れ様でした、ありがとうございました…!!!!
そして、素晴らしい演奏と歌声を、ありがとうございました…!!!!
また25周年、30周年…次がきっとあることを夢見てます…

それはきっとあなたのなかで、この曲が好きだった、
遠い昔のだれかが生きているからですよ……


私たち自身に、20年経った今、該当するとは思わなかったですね。
何から何まで、良い意味で仕組まれた物語だなぁと、楽しかったです!!
ゼノギアス理解力…当時に比べたら半分くらいは上がったのではと…笑。
参加されたファンの皆様も、お疲れ様でした~♪

2 Comments

マリ/胸熱です!!!
 ブログ心待ちにしておりました! 拝読できて幸せです、ありがとうございます。
 まずはチケット戦争お疲れ様でした&おめでとうございましたと改めてお伝えしたいです。最近、ゲーム音楽やライブは増えてきましたが、チケット戦争が凄まじすぎて言葉にならない叫びになることも多いですよね…! 今回はネット中継もありということでそういうことも色々なところで増えて欲しいです。

 そしてアンフィ! あのステージいいですよね~ちょうど客席と近いですしどこから見ても見やすいですし聴きやすいですし!

 物販もお疲れ様でした! パンフレット豪華なのっていつでも嬉しいですよね。ビリーくんがコンペデザイン採用というのも20年目にしてということで。無事に知ることができて何よりもおめでたいです。
 そしてフラスタもたっぷりでしかもお美しくて! ますますお祝いモードとしてテンション上がりますよね。
 あと展示会は単独開催是非して頂きたいくらいの量ですね!? 25周年で別開催あるといいですね…!

 そして会場全体を、光田さんをというところまで仕掛けをもってというコンサートだなんて本当に最高ですね。まず愛がないとできないですよね、スタッフさん側に。
 しかも指揮者なしというのが…! 凄すぎます。コンマスも指揮代わりだったのかもしれないですがそこまでこだわってというのが本当に凄すぎますね。

 曲については未プレイなので中々コメントできずに申し訳ないのですが、光田さん歳取らないに噴きました(笑)カービィの桜井さんもそうですがゲーム関係者の方々って不老不死っぽい感じですよね!? 若さ分けてほしいですよ!!!(笑)
 そしてどの曲もまず曲名からして素敵だなぁという感じなのですが、生は最高に最高に最高ですよね!? ああああああ。とにかく拝読していて興奮や熱演の様子が伝わってきてはタマハミしております!

 そして難易度高い手拍子(笑)
 コーラスバックにメンバー紹介などなど本当に最初から最後まで細部に至るまでがこのタイトル詰め合わせという感じですね。演出もそうですし、こだわったイベントや演奏会ってファンにとっては本当にまさに宝物ですよね。形には残らないのですが、心にずっと残っているという最高の時間でしたね!

 秋実さんが現実に帰ってこれないというのが本当に本当によくよく伝わる感想ありがとうございます!!!
 読みながら泣きそうでした。胸熱です!!!
2018.04.26 16:14 | URL | #1JkepbtE [edit]
秋実マリさんへ
マリさん、読んでくださって、コメントまでありがとうございます!!
長いこと、『終わった…』という寂しい気持ちに支配されてましたね;
それだけのパワーが、このコンサートにはあったと思います。

チケット戦争、すごかったですwあんな一瞬とは…
キャパ的に2日4公演で8千人収容できる会場ですぞ?!怖すぎる…!!w
そしてそれでもハズレる確率…恐ろしい戦争でした…ガクガク…

ネット配信は、本当にありがたいですよね。
実際、これを行うのも、色々と苦労があると思う中で、ファンのために…
というところにも、光田さんの本気具合がわかるし、ありがたすぎでした;
(しかし違法アップに苦言してたので…次はないかもしれません…)

アンフィ、自分はこれが初めてだったのですが、円形で変わった会場ですね。
最後列だったのですが、仰る通りに音響も聞きやすくて見やすかったです!!

物販、並ばなくても買えるものばかり買ってしまいましたがw
パンフレットは、この値段でいいの?!という内容と作りで…
設定資料集も持ってはいますが、突っ込んだ話までは載ってないので、
20年目にして知ることも多々あり、ファンなら拝むレベルでした🙏

フラスタ、時間的に逆光で上手く撮れませんでしたが;w
これがあると開催ムードも高まりますよな🌸✨
そうなんですよ…展示ブースがあまりに大混雑すぎて…
恐らく見れなかった方も大勢いると思います。ので、ぜひ単独で…と♪

コンサート本番も、緊張感と期待の中で始まり、最初からクライマックス!!
光田さんの施す演目の数々、ライティング、音響、演出…こだわりが素晴らしく;
スタッフ全員がゼノギアスを理解して、愛してないと出来ないなぁと。
(なかなか理解できるシナリオではないのですがw)

指揮者、光田さんかな?と思ったのですが、光田さんも演奏者側としてでした。
人柄が出ますね、監修とはいえ、主役はあくまでお客様…という感じでしょうか。
対して、演奏する側の本気を、全体でまとめ作り上げるコンサート…
質の高さに圧倒されっぱなしでした、本当に…『凄い』の一言です✨

曲については、やはりゲームプレイしないと感情移入難しいですよねw
光田さんはみんなに歳とらない言われてて笑いましたww変わらない!!
パンフでは、体力的な問題も上げてはいましたので、そこはそこ…とw

どの曲も、情景が浮かんだり、ただただ聞き惚れたり、贅沢の極な空間でした;
大好きな曲も、生演奏、生歌!!と…熱くならないわけがないですよね。
難易度の高い拍手は、会場でもバラバラで笑ってしまいましたがww
音を楽しむで音楽!!楽しまなきゃソンソン♪ということで、無礼講です!!

形に残らないからこそ、個人にとって価値のある宝物…それが思い出、と。
『盗めない宝物』というタイトル、20年目にして身に染みる曲名です;
またリバイバルディスクなど聞きつつ、現実にボチボチ戻りたいと思いますw

読んでくれて本当にありがとうございました!!
光田さんのブログもボリューミーで読み応えあるので、こちらも是非であります♪
2018.04.29 16:38 | URL | #sj93pB3o [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。